介護・福祉の求人、転職、派遣なら【ジョブトル介護】

介護のお仕事お役立ち情報

「介護のお仕事お役立ち情報」は、あなたの就職活動をサポートする情報を紹介します。

  • FaceBook twitter
    ぴったりな仕事を探すには 2017/04/19

    派遣とアルバイトの違いって?それぞれのメリット・デメリット

    派遣とアルバイトは、どちらも「非正規社員」に分類される働き方です。プライベートと仕事を両立しやすいというメリットは同じですが、根本的な違いもあります。何となくどちらかを選ぶのではなく、両者のメリット・デメリットを把握したうえで選択することが大切です。

    そこで今回は、派遣とアルバイトの違いやそれぞれのメリット・デメリットについてご紹介します。

    派遣とアルバイトの違いとは?

    同じ非正規社員である派遣とアルバイトですが、その特徴はまったく異なります。両者にはどのような違いがあるのでしょうか?

     

    雇用形態の違い

    派遣の雇用形態は、所属する派遣会社から派遣されて、別の会社で勤務する「間接雇用」です。派遣の雇用主は、勤務先の会社ではなく派遣会社です。給料も雇用主の派遣会社から支払われます。

    一方、アルバイトの雇用形態は「直接雇用」です。勤務先の会社から直接雇われる形で仕事をします。当然ながらアルバイトの雇用主は勤務先の会社なので、給料も勤務先の会社から支払われます。

     

    また、派遣の場合は、仕事に就く際に交わす雇用契約書に契約期間が表記されている「有期雇用」の形態をとっています。通常、数カ月ごとの更新契約となるため、もし3カ月契約であれば、3カ月ごとに現在の仕事を継続するか否かを雇用主と本人の双方で決め、また3カ月と続いていきます。

    一方、アルバイトの場合は、一度雇用契約を交わせば自ら退職を申し出しない限りずっと働くことになる「無期雇用」の形態をとることが一般的です。

     

    給料の違い

    同じ勤務時間・仕事量であっても、一般的には派遣の方が給料は高いといわれています。では、なぜ派遣とアルバイトで給料に差が出るのでしょうか?それは、雇用主が求めている能力が異なるためです。

     

    派遣の場合は即戦力としてすぐに力を発揮してくれることが求められているため、その分責任も大きく、それが給料に反映されています。ただし、未経験でもOKの派遣の仕事もたくさんあるので、アルバイトや派遣の経験がない方でも派遣として働くことは可能です。

    一方、アルバイトの場合は即戦力としてではなく、「育てる」ことによっていずれは大きな力を発揮してもらうことが期待されています。アルバイトでのキャリアを積み、能力次第で昇給するのは、そのような狙いがあるためです。

     

    保険の違い

    派遣は派遣会社に所属する社員になるため、健康保険は派遣会社の保険組合のものになり、年金は厚生年金になります。

    一方、アルバイトの場合は、直接雇用となるものの雇用主の社会保険には加入できないケースが多いです。国民健康保険に自ら加入することになり、年金も厚生年金ではなく国民年金になります。

    派遣のメリット・デメリット

    派遣の場合、勤務先で何か不満やトラブルがあった際に、派遣会社の担当者に相談することができます。勤務先の上司に直接話しづらいことも気軽に相談することができる点は大きなメリットでしょう。

    また、仕事が自分に合わないと感じたときに、派遣担当者を通じて退職を申し出ることができるのもメリットです。

     

    デメリットは、契約更新の際に現在の仕事がなくなる可能性もあることです。しかし、その場合でもすぐに派遣会社が次の働き先を紹介してくれるため、それほど心配する必要はないでしょう。逆に、さまざまな会社で働くことができるため、自分の経験値をアップさせることができるとメリットに感じる方も多いようです。

    アルバイトのメリット・デメリット

    アルバイトは、何か大きな問題を起こして解雇されるか、自己都合で退職することがない限り、定年まで働き続けることが可能です。

     

    しかし、雇用主の事情で給与が支払えないといったことが起きる可能性も否定はできません。社会的信用度も低いためローンを組みにくいのが現状です。

    また、アルバイトの場合、勤務先での不満やトラブルは、直接上司に相談することになります。相談内容によっては上司と直接闘わなくてはならないこともあるでしょう。

    おわりに

    派遣とアルバイトの違いについてお分かりいただけたでしょうか?それぞれのメリット・デメリットについてきちんと理解したうえで、給料を優先にするのか、長期雇用を求めるのか、自由度の高さを重視するのか、さまざまな視点から条件を照らし合わせて自分の希望にマッチした働き方を選んでくださいね。

    FaceBook twitter

(c) 2017 LIKE Staffing Co.,Ltd.